株式会社金庫屋
8:30-18:00(緊急時24h対応)

 

 

 エネルギーなのに、なぜ「金庫屋」? 

 

今から1世紀前に遡る大正5年(1916年)、金指庫之助(かなさし・くらのすけ)が、
現在本社のある杉久保の地で荒物・雑貨・食品販売業を営んだことを創業としているからです。
「金庫屋」は、地域に親しまれ、信頼され発展してきました。
その後、地域の人々の求めに応え、練炭、豆炭、石油類の卸売にはじまり、
やがて高度経済成長期のエネルギー革命以降は、 LPガス供給と各種空調機器の販売と、
エネルギーを軸とした総合サービス企業へと転換してきました。
これからも、時代と人々の暮らしが変化しても、地域に親しまれ、信頼される店をめざす・・・
創業の精神を忘れずにいたいと考えています。

金庫屋は、おかげさまで100周年を迎えることができました。